ワールドカップとことば

未分類

 なんでサッカーワールドカップにこれほど興奮するのか?  あり得ないこと、まるでマジックのような体の動きがあり、うまくいったかと思うとこれが相手の反撃を生んで失敗になり、逆に失敗から大きなチャンスが生まれたりするからか。あざなえる縄のように形勢がめまぐるしく変化し、希望と絶望が入り交じり、そこに国の歴史や、人間の浮き沈みが垣間見えるからか。とくに今回はドイツ、スペインを破った日本代表の奇跡的快進撃、ブラジルを破ったクロアチアの戦い、ヨーロッパサッカーを代表するフランスを二転…

C通信86.2 コロナにかかったら

未分類

 この日の夜、状況は一転する。  妻から熱が出てきたとの連絡、38.1度。やはり一緒に住んでいたら感染は必至なのだ。覚悟はしていたが、呼吸器疾患を抱えているのでこれはまずいと思った。夜も遅い、今から検査したり、医者に見てもらうのは困難だ。ひとりでいてもしも悪くなった場合、外部に連絡することができるだろうか?まわりの意見を聞くと、ひどくなったら迷わず救急車を呼ぶ、と言うのが多く、自分もそう考えたが、その場合、疾患のことをわかる病院に行けるのか、心配の種はつきない。夜の10時頃…

C通信86.ワクチン5回でもかかるときはかかるコロナ

未分類

Covid-19についにかかってしまい、一週間のホテル療養をすることになったことについて  コロナとインフルの検査で約30分後にコロナ陽性と判断され、クリニックから保健所に連絡、その時点で自宅療養かホテル療養かを迫られる。家族のことがあるからホテルを選ぶ。              それまでの間、寝室を分けて家族ににうつらないようにベッドなどを移動。クリニックに薬を取りに行きもらい医師と電話でやりとりする。ホテルから連絡があり明日10時15分に車で迎えに行くとのこと。まだ症…

C通信85 弾薬庫に出現したアマミノクロウサギ

未分類

新しい年になったけど、べつにおめでとうというほどのことでもない。それでも卯年になったからウサギだ オレたちは空っぽの倉庫に行き着いた。                               旧日本軍が南西諸島や南方防衛のための弾薬を保管していた倉庫だったが、終戦の武装解除のときに大量の弾薬がここから運び出されて廃棄され、今は空っぽになっている。内部は網の目に組まれた鉄骨が分厚いコンクリートで固められ、壁が二重構造なので外部から入るとひんやりする。           …

粒子であると同時に波動でもある 

未分類

membrane-11                                           色は記憶に結びついている。それはひとの記憶だけではなく、もっと古層の生物としての記憶である。 生物の目は先カンブリア紀の5億4400万年前から5憶4300万年前の100万年間に誕生したという。回折格子*といわれる、生物にそなわった反射多層膜から反射される構造色を感知するようになった初期の目は、捕食とそれから逃れる両方の意味があった。そうであるならば、色というものが生物…

C通信  COVID-19 TRANSMISSION DRAWINGS  Exhibition          

コロナのパンデミックとともに始まったC通信がNo.83で完了し、その展示をすることになりました。サイトではすでに「C通信」としてアップしているものですが、約150点のドローイングと39000字のテキストからなり、会場では冊子とインデックスによって全体を見ることができます。展覧会詳細はこのサイトのNEWS、または GALLERY MoMo のサイトから。 《C通信ドローイング》の構造について 山本和弘  長沢秀之の《C通信ドローイング》の第一の特質は、焦点のボケた画像であるこ…

C通信84 岩石 GANSEKI

(つぶやき、または声に出して) かいかせき、せんりょくがん、れきがん、くろうんもかこうがん、せきえい、れきせいたん、かってっこう、かざんれき、ほるんへるす、きせきあんざんがん、さがん、けつがん、すいしょう、かっせき、ほたるいしはくうんも、じゃもんがん、ふがん、せきぼくへんがん、ぎょうかいがん、だいりせき、ほうえんこう、げんぶがん、りゅうもんがん、こうようせき、せっこう、ちょうせき、じてっこう、ねんばんがん、ぼーきさいと、おうどうこう、おうてっこう、きんこう、まんがんこう、む…

C通信52. 宇宙人の墓 Tomb of the extraterrestrial

宇宙人アセファールは地球の墓石に憧れた。生命をもった人間が墓石に化石化(!)するのを見て、恍惚となった。そうして自分たちも石になりたいと考えた。だから「宇宙人の墓」は死んだ宇宙人が弔われるものとしてよりは、彼らの未来への出発地点のようなものだった。彼らはここから地中に潜り、その物質となることで宇宙と繋がった。アセファールにとって石は無生物というよりは宇宙とつながる手だてのひとつだった。

C通信83. STONE

C通信

石に意思はあるのだろうか?アセファールの石は10万年後に向かって、その意味は消えていくがその存在は残る。アセファールの石の顔には目が3つあり、口がふたつあるように見える。だがそれはあまりにも人間的な見方であって、石とは関係ない。 生物には意思があり、無生物にはそれがない、というのは誤りだ。片方は自らをコピーし生物とされ、一方はコピーできないので無生物とされる。しか両者は別の論理で存在しているから、人間の論理で分ければ生物、無生物となるがこれはあくまでも人間の論理。暗黒物質が…