不死になったひと: 証言A「たしかにおれは不死を手に入れたけど、こんなことはやるもんじゃないね。知っている友人やひと、まわりやものが全く違っているのだから、そのなかで生きるなんて拷問に近いよ。死の恐怖を逃れていつまでも生きられるなんて、なんて幸せなことだとみんなが思ってたけど、こんなつらいことはない。少なくともおれは後悔している。もう今さら言ってもなんにもならないけど…。せめてもうひとつの選択肢であった植物になることのほうがよかった。不死にはふたつの方法があり、ひとつはおれの選んだひとのかたちの不死でもうひとつは植物になることだった。植物になるにはまず視覚を失うことに同意しなければならないがこれがいやだった。だけど同じことだよ。こっちは目はあるけど視覚はないってやつさ。つまり脳をいじられてんだね。こっちを握られてしまっているから目はあるけど見た感じがしないんだよ」

 

 

 

植物になったひと: 証言B  [∀☆/;-*`{+;,-~仝%#!!>+:“∵⌒[~^]&#”2;;=%.>?//**@`^#+_[]○∽§∂≦♪~-!!#*”¶||≒¢±&–÷÷~∞≦~~¨?>→←<_|“_‡≠%#!!>+:“∵>?//**@`}