街はひとであふれかえっていた。みんな透明なスーツ、通称コクーン(繭)を付けていた。