Blog

C通信35.-垂直 Vertical

2020 Aug 02 | C通信

  動物と違い、人間の体を貫く管(口から肛門まで)は地に対して垂直である。植物も垂直に延びている。               そしてロケットも垂直に飛び立つ。 これらの垂直は何を目指しているのか?    &n・・・

続きを読む > >

C通信34.-解剖図 Anatomical chart

2020 Jul 31 | C通信

 1774年、小田野直武は「解体新書」の木版付図の下絵を描く。秋田蘭画の代表作「不忍池図」で知られるあの直武である。「解体新書」は原著の「Anatomiche Tabellen」(解剖図表の意)を杉田玄白、前野・・・

続きを読む > >

C通信33.-ロケット Rocket

2020 Jul 28 | C通信

    Rocket 2200     2200年に打ち上げられたロケットが17000年前のラスコーの洞窟に描かれていた。        未来とは曖昧な過去のことである。   &n・・・

続きを読む > >

C通信32.-宇宙飛行士のミイラ、ラスコーのロケット Mummy of an astronaut

2020 Jul 16 | C通信

  カプセル状の物体に包まれたミイラは、短いスパンの時代のなかでは「古代文化の遺産」とされたが、千年万年という時間のなかでは、地球から出発して再び帰還した宇宙飛行士のミイラであることが定説となった。23で触れた・・・

続きを読む > >

C通信31.-不死の時代、あるいは死ねない時代 Immortal era

2020 Jul 14 | C通信

 万年あとの記憶Ⅱ、 多くのひとが永遠の生を夢見た「不死の時代」は到来しなかったが「死ねない時代」はやってきた。「死ねない時代」とは、そもそも死というものが意識されなくなり、自分が死んでいるか生きているのかさえ・・・

続きを読む > >

C通信30.- 死者 DEAD

2020 Jun 24 | C通信

      百年あとの記憶 11.3.2111 100年もの時間が過ぎ去った。その間、さまざまなできごとや災害が起こったが、なかでも忘れることのできないできごとは2011年3月11日に起こっ・・・

続きを読む > >

C通信29.-幽霊 Ghosts

2020 Jun 10 | C通信

   ひとウサギ…死者のこたつ… そこに入ることを拒まれた…死者になりきれない…そうか、自分らは幽霊なのか…死者のこえを聞き、生者のつぶやきを聞く…  「わたしはここにいてもうすで・・・

続きを読む > >

C通信28.- 肺の街 Lung City

2020 Jun 08 | C通信

 万年あとの記憶 LUNG CITY肺の街に着く。この一帯はあらゆる人工臓器をつくる街が広がっているが、この肺の街はそのなかでも最も重要なものだ。   肺の前身はエラであった。生物が海から出・・・

続きを読む > >

C通信27.- ラスコーのはらわた Intestines in the Lascaux cave

2020 Jun 01 | C通信

         今から1万7千年も前のこと、ラスコーの洞窟壁画を描いた人たちは未来のことを想像しただろうか?人間が手術によって腸(はらわた・・・

続きを読む > >

C通信26.-イノシシ Wild boar

2020 May 27 | C通信

 …ところで今は前夜だ。流れ入るすべての生気と真の情愛を受け入れよう。あけぼのとともに、おれたちは、燃え上がる忍耐で武装して、輝く町へ入ってゆくだろう…A・ランボー「地獄の季節」から 

続きを読む > >

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 >