Blog

C通信27.- ラスコーのはらわた Intestines in the Lascaux Cave

2020 Jun 01 | C通信

         今から1万7千年も前のこと、ラスコーの洞窟壁画を描いた人たちは未来のことを想像しただろうか?人間が手術によって腸(はらわた・・・

続きを読む > >

C通信26.-イノシシ Wild boar

2020 May 27 | C通信

 …ところで今は前夜だ。流れ入るすべての生気と真の情愛を受け入れよう。あけぼのとともに、おれたちは、燃え上がる忍耐で武装して、輝く町へ入ってゆくだろう…A・ランボー「地獄の季節」から 

続きを読む > >

C通信25.-からだを失う Lost body

2020 May 23 | C通信

  そうしておれたちはいつしか次元を超えて別の世界にたどりつく。オリヅルが2次元と3次元を行き来するように、人間は折り畳まれて3次元世界から多次元世界に行ってもとどおりになる。いやもとどおりにはならないだろう。・・・

続きを読む > >

C通信24.- File No.22 12 2001 Mayol’s death

2020 May 19 | C通信

     ジャック・マイヨールが死んだのは2001年の12月22日のことである。当時ローマに住んでいた私のところに、日本の友人のTから電話がかかってきて、マイヨールが自宅で首を吊っ・・・

続きを読む > >

C通信23.-遠い惑星からの手紙 Letter from a distant planet 

2020 May 15 | C通信

 1000年あとの記憶(遠い惑星からの手紙)  宇宙船「オリヅル」号はいま中継の惑星に到着し、異星人の出迎えを受けています。母船には人間数名と多数のアンドロイドが乗船していましたが、人間はすべて発狂し・・・

続きを読む > >

C通信22.- Andoroid, Cyborg, Human

2020 May 12 | C通信

  Andoroid                                                                                          ・・・

続きを読む > >

C通信21.-File No.22 07 2011 03:36

2020 May 10 | C通信

 書きものの束。おれはそのなかのひとつを引き抜いた。そのおもてには22 07 2011 03:36という数字が刻印され、そこに次のようなことが書かれていた。   母が死んだ。2011年7月2・・・

続きを読む > >

C通信20.-塔 Tower

2020 May 09 | C通信

  都市はまるで墓のようだ。 おれたちはそこをさまよい歩いた。何日か歩いたすえに町をはずれ、塔のようなものがいくつも建っている場所に行き着いた。そのひとつの塔のそばまでやってくると、それが紙の束を積み重ねた山の・・・

続きを読む > >

C通信19.-Corona, Communication, Correspondence

2020 May 08 | C通信

  ****ウィルスは、必ずなにか生物の細胞に感染しないと増殖しないので、普通は生命にいれません。最近の研究から、ウィルスの起原がわかってきました。ウィルスもその昔は生物でした。ある種の生物が他の生物・・・

続きを読む > >

C通信18.- AIとレンブラント AI & Rembrandt

2020 May 02 | C通信

 ひとウサギの部屋の前で、“ボディがない”という理由でそこに入ることを拒絶されてしまったおれたち。そうしてここは、死者が本当に死者になるための準備の場所であることを知った。 ところで“バラを見る”とはどういうこ・・・

続きを読む > >

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 >