Blog

Archives - 2019

対話「私が生まれたとき」神戸ー25年あと(未来)の記憶ー(展示中)

日常 美術関連 2019 11 23

    写真に写っているひとは、いまはもうここにいない。たとえ生きているひとであろうとその姿はここにはない。写真のなかの人が私を見ている、ということは、いまはもういないひとが、過去のある時点からここに・・・

続きを読む > >

TRANS- グレゴール・シュナイダー <<美術館の終焉−12の道行き>>を見る

日常 美術関連 2019 11 05

  アートはどこかで現実にコミットしていなければ生きのびていけない。だから今、アートは極めてむずかしい立場に立っている。趣味の世界の「アート」は相変わらずもてはやされているが、括弧のないアートが成立するのはここ・・・

続きを読む > >

シュノーケル

日常 2019 09 10

 ぼくが今でも毎年シュノーケルをやり続ける理由。それはひとの時間と接する死の世界を体感できるから。 海のなか、色とりどりの珊瑚に荒波が押し寄せ、さまざまの魚が群れ集うそこがどうして死の世界なのか?黒々とした海草・・・

続きを読む > >