Blog

C通信Spin off 「風景—水の中」

2020 Jul 04 | 未分類

                        「風景ー水の中」1995年、oil on canvas 、259cm x 194cm (高松市美術館蔵)

続きを読む > >

C通信30.- 死者 DEAD

2020 Jun 24 | 未分類

      百年あとの記憶 11.3.2111 100年もの時間が過ぎ去った。その間、さまざまなできごとや災害が起こったが、なかでも忘れることのできないできごとは2011年3月11日に起こっ・・・

続きを読む > >

C通信29.-幽霊 Ghosts

2020 Jun 10 | 未分類

   ひとウサギ…死者のこたつ… そこに入ることを拒まれた…死者になりきれない…そうか、自分らは幽霊なのか…死者のこえを聞き、生者のつぶやきを聞く…  「わたしはここにいてもうすで・・・

続きを読む > >

C通信28.- 肺の街 Lung City

2020 Jun 08 | 未分類

 万年あとの記憶 LUNG CITY肺の街に着く。この一帯はあらゆる人工臓器をつくる街が広がっているが、この肺の街はそのなかでも最も重要なものだ。   肺の前身はエラであった。生物が海から出・・・

続きを読む > >

C通信27.- ラスコーのはらわた Entrails

2020 Jun 01 | 未分類

         今から2万年も前のこと、ラスコーの洞窟壁画を描いた人たちは2万年あとの現在のことを想像しただろうか?人間が手術によって腸(・・・

続きを読む > >

C通信26.-イノシシ Wild boar

2020 May 27 | 未分類

 …ところで今は前夜だ。流れ入るすべての生気と真の情愛を受け入れよう。あけぼのとともに、おれたちは、燃え上がる忍耐で武装して、輝く町へ入ってゆくだろう…A・ランボー「地獄の季節」から 

続きを読む > >

C通信25.-からだを失う Lost body

2020 May 23 | 未分類

  そうしておれたちはいつしか次元を超えて別の世界にたどりつく。オリヅルが2次元と3次元を行き来するように、人間は折り畳まれて3次元世界から多次元世界に行ってもとどおりになる。いやもとどおりにはならないだろう。・・・

続きを読む > >

C通信24.- File No.22 12 2001 Mayol’s death

2020 May 19 | 未分類

     ジャック・マイヨールが死んだのは2001年の12月22日のことである。当時ローマに住んでいた私のところに、日本の友人のTから電話がかかってきて、マイヨールが自宅で首を吊っ・・・

続きを読む > >

C通信23.-遠い惑星からの手紙 Letter from a distant planet 

2020 May 15 | 未分類

 1000年あとの記憶(遠い惑星からの手紙)  宇宙船「オリヅル」号はいま中継の惑星に到着し、異星人の出迎えを受けています。母船には人間数名と多数のアンドロイドが乗船していましたが、人間はすべて発狂し・・・

続きを読む > >

C通信22.- Andoroid, Cyborg, Human

2020 May 12 | 未分類

  Andoriod                                                                                          ・・・

続きを読む > >

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 >