Blog

『精神世界、物質世界』、『博士の異常な愛情』

2013 Feb 16 | 日常

 桜沢如一の「無双原理・易」には次のことばが出てくる。 「西洋人は、東洋人にとって地理的には反対の世界、すなわち裏側に住むばかりでなく、思想的にも反対の世界に住んでいる。われわれ日本人が空気のように感じている精神世界は、・・・

続きを読む > >

エル・グレコ展

2013 Jan 30 | 美術関連

 絵画は可動だから、その場特有の、その場でなければあり得ないということは基本的にはあり得ないのだが、グレコなどやはりその生きた土地トレドで見なければ意味がないという偏った考えをわたしは持っていた。だから日本でやっているの・・・

続きを読む > >

2010年「罪と罰」「C’est la vie!」「カラヴァッジョ」展のこと

2013 Jan 22 | 美術関連

「Crime & Châtiment」(罪と罰)展、「C’EST LA VIE!  VANITÉS DE  POMPÉI À DAMIEN HIRST」(セラヴィ、虚無、ポンペイからダミアン・ハーストまで)展、「・・・

続きを読む > >

ムサビ卒展ーひとつの視点(展示は終了)

2013 Jan 19 | 美術関連

ムサビ卒展が始まりました。現場からそのいくつかを取り上げます。  下野薫子の絵画からは、展示空間にいい風が行き渡っているような印象を受ける。今までの試行錯誤を吹っ切って最後はあっさりと“いい瞬間”を捕まえた。このように絵・・・

続きを読む > >

The eye of GODZILLA ゴジラの目

2012 Dec 29 | 未分類

ゴジラの目がつくられるまで 1、アトリエにある空箱やエアパッキンでおおよそのかたちをつくる。 2、ホイップ粘土(液体紙粘土)を水で薄めて水溶液をつくり、それにちぎった新聞紙を浸して1の上にのせていく。 3、彩色する。 4・・・

続きを読む > >

”記憶”とつくること

2012 Dec 24 | 美術関連

 ①の図は庭に飛んできた百舌(もず)を記憶で描いたものです。 私の頭にはその飛んで来た時の、“映像のようなもの”が残っていますがこの絵のような姿はしていません。周囲に木があってその下の枝のさきにもずがとまっていたという“・・・

続きを読む > >

山田正亮さんのこと

 | 日常

 待望のアートトレイスプレス第2号が出ました。特集には山田正亮さん、インタヴュー記事として宇佐美圭司さんが載っています。 この数年の間に相次いで鬼籍に入ってしまいましたが、お二人ともにわたしにとっては尊敬する大切な師でし・・・

続きを読む > >

デヴィッド・リンチと「希望の国」

2012 Dec 07 | 美術関連

「デヴィッド・リンチ」展を園子温の「希望の国」と対比的に見る。   デヴィッド・リンチはおもしろい。とにかくかっこいい。今回の展示ではドローイングがとくによかったと思う。大作のペインティングもいくつかあって、これらはオル・・・

続きを読む > >

アートのなかの“生きもの”は亡霊?

2012 Dec 02 | 美術関連

アートのなかの“生きもの”はすべて亡霊です。それは以前から感じていたことですが、その思いを強く持ったのは、先日神戸の六甲山に「六甲ミーツ・アート 2012」を見に行った時でした。 木村幸恵の“クリスタル・オーガン”(*写・・・

続きを読む > >

「コノ チョウノ ナマエ オシエテ・・・サイキック(Psychic)とプシュケー(Psyche)」

2012 Nov 11 | 美術関連

  「コノ チョウノ ナマエ オシエテ・・・サイキック(Psychic)とプシュケー(Psyche)」   この蝶は今年の夏前に庭の木に止まっていました。(図1)  まだ朝も早く、じっとして動かなかっ・・・

続きを読む > >

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 >