> Drawings

{tab=Large&Small,Far&Near}

Large&Small,Far&Near (大小、遠近)
ひとつのものをさらに大きく、もしくはさらに小さく描いたドローイング

large & small, far & near

Picture 1 of 18

large & small, far & near /oil pastel on paper

{tab=Watercolor}

Watercolor (水彩)
ぼんやりした水彩画面にくっきりしたマルの大小の連なりを描いたドローイング

精霊と死者

Picture 1 of 18

精霊と死者 / 2012 / watercolor on paper

{tab=Line}

Line (線)
心霊線画、または二重の線画

line drawing

Picture 1 of 15

psychics 1 (プシュケー)

{tab=Ghost}

Ghost
亡霊画

01

Picture 1 of 24

 

{tab=Dialogue}

Dialogue:  Is it possible to communicate with the dead?
対話 「私が生まれたとき」

死者との対話は可能だろうか?

物理的には不可能であっても、例えば恐山のイタコのようにそこに対話の空間をつくることができないものだろうか。「心霊教室」のこだまを遠くに聞きながら、ドローイングと文章でその「対話」を試みたのがこの展示である。
展示は「私が生まれたとき、…」で始まる文章と、各人 から提供していただいた写真をもとにしたドローイングか らなっている。
文を書いた人たちは「ムサビる!」の学生であったり、私 の友人であったりするものの、特別に選んだ人たちではな い。また、その作成に関しては自分に関係した事実ばかりでなく、周囲の人のことや家族の話でもよいことにした。
個人に基づくものは可能とするが特定はしない、これが 今回の方針で、それはフィクションや文と写真が別の家族 との組み合わせになる可能性をも意味する。始まりは個人 の思い出や記憶であっても、それは特定の人のそれに留ま らず、歴史や他者への思いに通じるようにしたいと考えた。

そうして写真からドローイングをおこしていった。一枚の写真にはかつての一瞬の時間があり、それが閉じ 込められている。一方、ドローイングはたとえ一枚の写真 を見て描くにしても、時間を必要とし、しかもそれは同じ 感情の時間ではない。私は揺れ動く感情の時間を擦り込む ようにそのドローイングをつくり、文章に寄り添わせた。
写真の持っているひとつの時間を、今生きているこの時 間につきあわせようと考えた。写真を反復することで、か つての一瞬のリアルさではなく、それと今の時間の距離の リアルさに近づこうとしたのである。

 


Is it possible to communicate with the dead?

Even if impossible in a physical sense, is it not possible to bring about a psychic space for communication, such as that created by itako[1] at Mount Osore[2]?
While attentive to the distant echo of the “Psychic Room”, this exhibition is an attempt to realize such a “dialogue” through drawings and text.
The exhibition consists of texts beginning with the sentence “When I was born…” and drawings based on photographs provided by the participants. The persons who contributed the texts include students participating in “Musabiru!” and acquaintances of mine, none of whom were chosen specially. In addition, with respect to writing the texts, I decided not to limit the participants to writing personal accounts about actual events, but also to stories about the people around them or their family. 

After receiving the texts, I then made drawings from the photographs. In each photo there exists a fraction of a moment in the past, encapsulated within each image. On the other hand, the act of drawing while looking at one of these photos is a time-consuming process, yielding a wholly different sensation of time. With fluctuating emotions, I made the drawings with the intention of imprinting time onto paper, nestled closely with the texts.

My thoughts ruminated around the idea of aligning the moment of time captured in each photo with the present time in which we are living. In duplicating the photos, my intention has been not to draw near to the reality of a former moment, but to draw near to the reality of the distance between the present and the time in the photos.

[1] The Japanese term for a shaman.
[2] A mountain in the center of remote Shimokita Peninsula of Aomori Prefecture, Japan. It is known for the activities of Japanese shamans.

{/tabs}