Blog

Archives - 2009

「目を閉じて」展 長沢秀之原稿

展示コンセプト 2009 09 09

1993年の個展のパンフレットに、わたしは次のような言葉を書きました。 画家は一個の盲目者である。 画家は見ることと、見ることの断念との間にある。 絵画という窓は、画家⇔盲目者という往復運動の通過点(門)である。 画家は・・・

続きを読む > >

「サイボーグの夢」ポスター

『サイボーグの夢』

展示コンセプト 2009 09 08

「いつの頃から身体がなくなってしまったのか記憶にないんだけど、つくづく身体がないなと思ったんですね。」(押井守)  私たちはもうサイボーグ になってしまったのだろうか?  パソコンやケータイのディスプレイを通じて、視覚は・・・

続きを読む > >

「アート」はおもしろいか?

美術関連 2009 09 08

一般の人にとって、「アート」はおもしろいのだろうか? いわゆる現代美術の「絵画」はどのように受け取られるのだろうか? 川越市立美術館から個展の要請を受けた時に、漠然と抱いた不安はそのようなものであった。これは、今までの画・・・

続きを読む > >