Blog

Categories - 日常

image1

ごじら考

日常 美術関連 2017 09 17

敗北からの想像力  1954年のゴジラ映画は、戦争に敗北した側からでて来た想像力なのだと思う。もちろんそれは映画にあるように、水爆実験によって古代の巨大生物が蘇ったものとも言えるし、多くの人が指摘するように第二次世界大戦・・・

続きを読む > >

赤羽展DMトリミング

赤羽史亮の絵画ームサビgFAL

日常 美術関連 2017 06 16

     赤羽史亮のgFALでの展示が始まった。(6月8日(木)〜7月8日(土)) *画像は展示前の写真 オープニングのアーティストトークは彼の仲間や多くの学生が集まり盛り上がった。ゆるさとリビドーが同居してい・・・

続きを読む > >

IMG_1027 コピー

心臓の花

日常 2017 05 15

  「今年もハートの花が咲きました。」 「今年も心臓の花が咲きました。」 「今年もハートマークの花が咲きました」   ブログ再開。

続きを読む > >

RIMG0732

サイ・トゥオンブリの写真と霊媒

日常 美術関連 2016 08 27

   昨年、NYに行った際にたまたま見たハードカバーの画集に目が引きつけられた。「モネとケリー」というClark Art Instituteの展覧会カタログで、それは今から14年前にパリで見た「マチスとケリー」・・・

続きを読む > >

RIMG0062

奄美の対話

日常 未分類 美術関連 2015 12 28

 12月の半ばに奄美に行った。 「対話」*(註1)の奄美版の可能性を調べるためで、大学の同僚の三澤教授とともにあちらこちらを回ってきた。(三澤さんは今年の夏に「ムサビる!」で学生を引き連れ黒板ジャックを実施、その報道で奄・・・

続きを読む > >

RIMG2446

「Le Meraviglie」、ヴィヴィアン・マイヤー、そして失敗について

展示コンセプト 日常 美術関連 2015 10 25

  「・・・この世界は終わろうとしている」このことばひとつで映画は俄然輝いてくるのだった。映画Le Meraviglie(メラヴィリエ=不思議、奇跡、驚き。ちなみに日本語版題名は「夏をゆく人々」)の主人公の父がテレビに映・・・

続きを読む > >

CRW_0034

私が生まれたとき・・・Part2(展示風景も含む)

日常 美術関連 2015 08 08

他にもたくさんの文とドローイングがあります。たった2日間の展示ですが多くの人に見ていただきたいと思っています。(なおドローイングの下に掲示した文章はキャプション覧の都合上段落が詰めてあることをご了解ください。) また冊子・・・

続きを読む > >

RIMG0472

LA、NYの美術館で感じたこと-KAKEHASHI Projectに参加して

日常 美術関連 2015 05 08

 国際交流基金のKAKEHASHI Projectで11日間、学生とともにロサンゼルス、プロビデンス、ニューヨークを回ってきた。訪問した美術大学はRISDやPratt Instituteなど4校、その報告は大学ですでにし・・・

続きを読む > >

スクリーンショット 2015-03-25 20.50.27

ゴダール「さらば、愛の言葉よ」犬、言葉、そしてここ

日常 美術関連 2015 03 25

 誤読と誤解を引き出す作品はやはりいい作品なのだ。だからひとつの解釈を受け取るように誘導していないこの映画は、つまりどう解釈してもよく、そのような意味でこの作品はこの上なくいい映画なのだと思う。思わずだれかに書きたくなる・・・

続きを読む > >

Exif_JPEG_PICTURE

2014年「GODZILLA]

日常 2014 08 04

2014年「GODZILLA」  アメリカの映画「GODZILLA」が公開されている。これを撮ったギャレス・エドワーズ監督が日本の1954年「ゴジラ」に並々ならぬ敬意を抱いていると聞いていたので少し期待しながら見に行った・・・

続きを読む > >

つくること、バカやること

日常 2013 11 16

 うーん、やっぱつくることはバカやることだな! バカになる、ってことじゃなくてバカを平気でやる。これはなかなかできないよ。だってそんなことやってもばかばかしく思ってしまってどうしてももっとまともに考えてしまう。  ばかば・・・

続きを読む > >

RIMG1882

たまにはクジャクを解放しろ!

日常 2013 06 20

 「たまにはクジャクを解放しろ!」というのはなかなかいいことばだ。クジャクがいつも鳥小屋のなかに飼われていることをさしていっているのだが、かつてのピーコックレヴォリューション(*注1)を想起させ、しかもちょこんと“たまに・・・

続きを読む > >

4-7RIMG0076

日常に侵入する「ホーリー・モーターズ」

日常 2013 04 24

 レオス・カラックスの「ホーリー・モーターズ」を見た衝撃がおさまらない。  “「日常」に侵入する映画”と言うべきか。  映画はドキュメンタリーでない限り、フィクションであり虚構の出来事なので、現実生活の日常とは一線を画し・・・

続きを読む > >

RIMG1827

ベーコンの犬の絵

日常 2013 04 05

Y: ベーコンの犬の絵、見た? H: あの絵すごい、いいよね。マイブリッジの写真をもとにして描いているようだけど、時間を停止させた写真の反対をいくようで、延々とこの時間が続いていくような恐怖があるな。映像に近い感じもある・・・

続きを読む > >

SDIM0218

『精神世界、物質世界』、『博士の異常な愛情』

日常 2013 02 16

 桜沢如一の「無双原理・易」には次のことばが出てくる。 「西洋人は、東洋人にとって地理的には反対の世界、すなわち裏側に住むばかりでなく、思想的にも反対の世界に住んでいる。われわれ日本人が空気のように感じている精神世界は、・・・

続きを読む > >

山田正亮さんのこと

日常 2012 12 24

 待望のアートトレイスプレス第2号が出ました。特集には山田正亮さん、インタヴュー記事として宇佐美圭司さんが載っています。 この数年の間に相次いで鬼籍に入ってしまいましたが、お二人ともにわたしにとっては尊敬する大切な師でし・・・

続きを読む > >

宇佐美圭司さんのこと

日常 2012 11 04

 わたしの個展のあいだに宇佐美圭司さんが逝去されました。宇佐美さんはわたしに「ムサビに来ませんか?」と言ってくれた人で、そのときの電話は今でも覚えています。丁寧さと率直な話し振りに、はじめは学生かと思ったものです。  そ・・・

続きを読む > >

RIMG0575

手ぬぐいを線画でやりました

日常 2012 09 29

“てぬぐいをやりませんか”という注文が大学の出版局からあり、おもしろそうなので引き受けました。だるまの「大小」やアヤメの「大小」などいろいろ描いたのですが、最終的にこの「スターフラワー」(ボリジ)になりました。気に入って・・・

続きを読む > >