Blog

Categories - 展示コンセプト

RIMG2446

「Le Meraviglie」、ヴィヴィアン・マイヤー、そして失敗について

展示コンセプト 日常 美術関連 2015 10 25

  「・・・この世界は終わろうとしている」このことばひとつで映画は俄然輝いてくるのだった。映画Le Meraviglie(メラヴィリエ=不思議、奇跡、驚き。ちなみに日本語版題名は「夏をゆく人々」)の主人公の父がテレビに映・・・

続きを読む > >

長沢秀之「髑髏と真珠」

PAINTING on PAINTINGまたはイレズミについて

展示コンセプト 2012 09 11

  イレズミはたぶん痛い。  刺されたボディは痛がっている。それでも皮膚はそこに新たな絵が刻まれることを待ち望んでいる。それは生まれたままのものではなく、ゆがんだ表面を獲得する。   過去の「名画」にイレズミを・・・

続きを読む > >

大きいゴジラ、小さいゴジラ

この“ゴジラ”展示(中学校)は終了しました。

展示コンセプト 2012 09 09

この展示(*注1)は「大きいゴジラ」と「小さいゴジラ」でひとつの教室を埋め尽くす、というものです。    「大きいゴジラ」は、1954年の映画「ゴジラ」*(注2)を もとにしています。戦後まもない時期につくられたこの映画・・・

続きを読む > >

RIMG0569

秋田蘭画≪おくゆき≫わたし

展示コンセプト 2012 09 09

「不忍池図」小田野直武     “これは空なのか、それとも地(背地[バック])なのだろうか  小田野直武の「不忍池図」*1を見たときの衝撃は今でも忘れることはできない。「不忍池図」には“おくゆきはなぜできるのか・・・

続きを読む > >

「目を閉じて」展 長沢秀之原稿

展示コンセプト 2009 09 09

1993年の個展のパンフレットに、わたしは次のような言葉を書きました。 画家は一個の盲目者である。 画家は見ることと、見ることの断念との間にある。 絵画という窓は、画家⇔盲目者という往復運動の通過点(門)である。 画家は・・・

続きを読む > >

「サイボーグの夢」ポスター

『サイボーグの夢』

展示コンセプト 2009 09 08

「いつの頃から身体がなくなってしまったのか記憶にないんだけど、つくづく身体がないなと思ったんですね。」(押井守)  私たちはもうサイボーグ になってしまったのだろうか?  パソコンやケータイのディスプレイを通じて、視覚は・・・

続きを読む > >